5,900円以上ご購入で送料無料! - 3/1(金)16:00まで

cotta column

お菓子・パン作りの知的好奇心を満たす情報メディア

カヌレ型で作るシュークリームのレシピ

date
2023/05/09
writer
sara
category
お菓子作り

カヌレ型活用!見た目もかわいいシュークリーム

流行りのカヌレ、みなさん一度は作りましたか?
でも、「カヌレはたまにしか作らないから、せっかく買った型を使う機会があまりない」なんて方も多いのではないでしょうか。

実はカヌレ型は、カヌレ以外にもいろいろなお菓子が作れる万能型なんです!

今回ご紹介するのは、カヌレ型で作るシュークリーム
カヌレ型をお持ちの方はぜひ作ってみてください♪

カヌレ型シュークリームのレシピ(5個分)

カヌレ型独特のかわいい形が魅力的なシュークリーム。

中には、カスタードクリームと生クリームをあわせたディプロマットクリームをたっぷりと♪

ディプロマットクリームを作る

材料

  • 卵黄…2個分(40g)
  • グラニュー糖…50g
  • 薄力粉…15g
  • 牛乳…240ml
  • バニラペースト…小さじ1/4

  • 生クリーム(乳脂肪分42%のもの)…100ml

作り方

  1. レシピページを参照してディプロマットクリームを作ります。

    シュークリーム口金をつけた絞り袋に入れ、シュー生地を作る間冷蔵庫で冷やしておきましょう。

シュー生地を作る

材料

  • 卵…1個(50~60g)
  • 無塩バター…20g
  • 水…50g
  • グラニュー糖…2g
  • 塩…0.5g
  • 薄力粉…25g

  • トッピング用粉砂糖…お好みで

下準備

  • バターを小さめに切っておく。

  • 薄力粉をふるっておく。

  • 卵を溶いて常温に戻す。

  • カヌレ型に油脂(バターかスプレーオイル)を塗っておく。

  • オーブンを200℃に予熱する。

作り方

  1. 鍋にバター・水・グラニュー糖・塩を入れて中火にかけます。
    バターが溶けて中心がボコボコと沸騰したら火を止めます。

    *加熱しすぎると水分が飛んで卵が足りなくなるので、沸騰したら火を止めましょう。

  2. ふるった薄力粉を一気に加え、水分を吸わせるようにゴムベラで混ぜてまとめます。

    再び中火にかけ、鍋底に生地をすり付けるようにして練りながら約40秒間加熱します。

    *鍋底に薄く膜が張り、生地にツヤが出ればOKです(コーティング加工されている鍋だと膜は張りません)。この作業(糊化)をしないと、シューがうまく膨らみません。

  3. 溶き卵を4~5回に分けて少しずつ加え、混ぜます。

    *最初に入れる量が少ないと熱で卵が固まってしまうので、初回は多めに1/4量ほど入れましょう。卵を加えたら手早く切るように混ぜます。

  4. 生地がまとまってきたら練るようにして混ぜ、次の卵を加えます。

    *生地にツヤがあり、すくったときに2秒間くらいかけてトロっと落ちるかたさが目安です。落ちたあとゴムベラに逆三角形に生地が残ればOK。

  5. 絞り袋やスプーンでカヌレ型に生地を入れ(1個当たり25~26g)、ぬらしたスプーンの背で表面をならします。

  6. 天板の上に型を並べ、シルパンをかぶせます。
    さらに天板をのせ、200℃のオーブンで20分間、そのまま温度を180℃に下げて約20分間焼きます。

    *シューがしぼむので、温度を下げる際もオーブンの扉は開けないでください。

  7. 焼けたら型から出し、網の上で冷ましておきます。

  8. 完全に冷めたらシューの裏側に菜箸で穴をあけます。

    口金を差し込み、ディプロマットクリームを1個当たり約40g絞り入れます。

  9. お好みで粉糖を振りかけ、完成!

カヌレ型シュークリーム」の詳しいレシピページはこちら。

レシピのポイント

このレシピは、カヌレ型の形がきれいに出るようにするため、生地のかたさや焼き方がポイントになります。

ポイント1.シュー生地に加える卵の量を調整する

シュー生地は、生地の水分量で膨らみにかなり違いが出ます。

卵の分量は1個とありますが、加熱しすぎて水分が飛ぶと足りなくなることもあるので、少し多めに準備しておくと安心。

生地のかたさの見極めは、すくって落ちなければかたすぎ、途切れずトロトロ落ちたらやわらかすぎです。

卵を入れすぎると元に戻せないので、生地がやわらかくなってきたら様子を見て少しずつ加えましょう。

カヌレ型に入れて焼き上げるので、普通のシューよりすこし緩めでOKです。

ポイント2.天板でフタをして焼き上げる

このシューを焼くときは、天板でフタをするときれいな底面に焼き上がります。

天板をのせないと生地が膨れて型からはみ出すため、自立しなかったり仕上がりがへこんだりします。

失敗?シュー皮に穴が開く理由

シュー皮の中心に穴が開いてしまうことがあります。

原因は、

  • 生地の仕上がりがかたい
  • 作業に時間がかかりすぎて生地が冷えた
  • 型に入れた生地の量が少ない
  • オーブンの温度が合っていない

などさまざま。
何回か作ってコツをつかむと、成功率がアップします。

アレンジ提案

シンプルに粉糖をかけて仕上げるだけでもいいですが、クリームを入れたシュー皮にチョコレートコーティングをするとさらにかわいく、お店のような仕上がりに♪

カスタードクリームを味変して、アレンジするのもおすすめです。

いちご
丸口金で底に穴をあけていちごを埋め込む+ホワイトチョココーティング+ストロベリーパウダー

チョコ
チョコカスタードクリーム+チョココーティング+アラザン

抹茶
抹茶カスタードクリーム+抹茶チョココーティング+抹茶パウダー

ぜひお好みの味で作ってみてください♪

アイデア次第!カヌレ型はお菓子作りに使える

カヌレ型に生地を入れて焼き上げるだけで、なんともかわいい形のシュークリームが出来上がります。
「頻繁に作らないお菓子だから、専用のカヌレ型を買うのは迷っていた」なんて方にもおすすめ♪

カリッとした生地の中にはコクのあるクリームがたっぷり!
ぜひおうちで作ってみてくださいね♪

【おすすめの特集】シュークリームレシピシュークリームレシピの特集はこちら

date
2023/05/09
writer
sara
category
お菓子作り
注:記事内容やレシピ・画像の転用・掲載などの二次利用はお断りしております。

元パティシエで3児の母してます♡ お菓子作り大好き!おうちにあるもので簡単・手軽にがモットーです(*´ω`)

コメント

この記事にコメントを書く

コメント

ニックネーム

※ コメント反映までにお時間をいただきます。コラム内容に関係のないコメントや、個人的なご相談などは公開を控えさせていただく場合がございます。

おすすめのコラム

モンブラン以外にも♪モンブラン口金を使ったデコレーションアイデア

モンブラン口金をデコレーションに使おう小さな穴がたくさん開いた独特の形の「モンブラン口金」は、他の口金では表現できない絞りを演出してくれる口金。モンブランを作るのに欠かせない道具ですが、モンブランにしか使えないというわけ...

メレンゲにまつわるエトセトラ

お菓子作りに欠かせないメレンゲに注目!口当たりのよいムース、ふわふわなシフォンケーキ、サクサクとしたマカロン。どのレシピにも欠かせないモノ・・・それはメレンゲ。お菓子を作る人であれば必ず作ったことがあるはずのメレンゲにつ...

素敵な1年の幕開けを お正月に楽しみたいおいしいコラム4選

1年の始まりに、おいしいコラムはいかが?もうすぐ新しい年。今回は、新年をおいしく、そして楽しく過ごすためのヒントがたくさん詰まったコラムをご紹介します。1年の幕開けにふさわしい、おめでたいコラムを集めました!1.新春を和...

【早起きが楽しみに】朝食におすすめのコラム4選

おいしい朝食を食べて、ハッピーな1日の始まり!毎日パワフルに過ごすためには、朝食をしっかり食べることがとても大切!おいしい朝食があれば、早起きするのも何だかワクワクしちゃいますよね。そこで今回は、ハッピーな1日の始まりを...

強力粉をブレンドして作るクッキーレシピ

お菓子作りに使う小麦粉といえば…お菓子作りに欠かせない材料の一つ、小麦粉。ご存知の通り、強力粉・中力粉・薄力粉など、種類が豊富。皆さんはどの粉を使っていますか?クッキーをはじめ、お菓子作りに使う粉といえば「薄力粉」が多い...

おすすめ PICK UP!

カヌレ型で作るシュークリームのレシピ