5,900円以上ご購入で送料無料! - 6/26(水)16:00まで

cotta column

お菓子・パン作りの知的好奇心を満たす情報メディア

ウェルシュケーキのレシピ、フライパンで焼くイギリス伝統菓子

date
2023/09/08
writer
misa
category
お菓子作り

フライパンでイギリスの伝統菓子に挑戦!

世界に数多くある魅力的な伝統菓子。

素朴で味わい深い伝統菓子の中から、今回はウェルシュケーキのレシピをご紹介します。
オーブンを使わず、フライパンで簡単に作れますよ。

ウェルシュケーキとは

ウェルシュケーキとは、イギリス・ウェールズ地方で古くから愛されている伝統的なスイーツ。

ビスケットやスコーンのような生地をのばして型で抜き、オーブンは使用せず、グルドルやベイクストーンといった金属製の分厚い鉄板で焼くのが特徴です。

イメージとしては、パンケーキとスコーンの中間のようなお菓子で、周りのサクッとした食感と中のしっとりほろりとした食感がたまりません。
素朴な味わいでおやつとしてはもちろん、軽食にもぴったりです♪

家庭でも手軽に作れるウェルシュケーキですが、専門店やスーパーマーケットでも販売されています。
写真はウェールズのお菓子メーカー・タンカステル社のウェルシュケーキ。

最も知られているウェルシュケーキの作り手ともいわれ、日本で催される英国展やブリティッシュマーケットなどで出会えることもあるようです。

ウェルシュケーキのレシピ(直径約7cmのもの12個分)

表面はサクッと、中はしっとりほろり。この食感はクセになりますよ♪

材料

  • 薄力粉…200g
  • ベーキングパウダー…3.5g(小さじ約2/3)
  • 塩…ひとつまみ
  • シナモンパウダー…1g(約小さじ1)
  • きび砂糖…60g
  • バター…100g
  • 卵…1個(50g)
  • レーズン…40g

  • 打ち粉(強力粉)…適量

お好みで、きび砂糖をグラニュー糖にしたり、シナモンを省いたりしてもOK。

下準備

  • バターを角切りにし、冷蔵庫で冷やしておく。

  • 卵を溶きほぐし、冷蔵庫で冷やしておく。

  • 薄力粉・ベーキングパウダー・塩・シナモンパウダー・きび砂糖をよく混ぜ合わせ、冷蔵庫で冷やしておく。

*作業中にバターが溶けないよう、材料は必ず冷やしておきましょう。

作り方

  1. 粉類の入ったボウルに角切りにしたバターを加え、ドレッジでさらに細かく刻む。

  2. ある程度バターが細かくなれば、指先ですりつぶす。

  3. バターが薄っぺらい状態になれば、手のひらですり合わせてさらに細かくする。

  4. ぱらぱらとした状態になればOK。

  5. 卵を加え、カードで切り混ぜる。

  6. 粉気がなくなればレーズンを加えて分散させ、生地をひとまとめにする。

  7. 軽く打ち粉をして生地を8mm厚程度にのばし、68mmの丸い抜き型で抜いていく。

    *二番生地をまとめてさらに抜くと12枚ほど取れます。最後の余りは手で丸めて平らにすればOK。
    二番生地の上手なまとめ方はレシピページにてご紹介しています。

  8. フライパンを弱火で温め(温度設定があれば150~160℃)、生地を並べる。
    片面7分前後ずつ焼く。
    *ターナーなどでひっくり返して両面焼いてください。

  9. 焼けたら蒸れないようにクーラにのせ、完成。

フライパンで焼けるイギリス伝統菓子♪ウェルシュケーキ」の詳しいレシピページはこちら。

レシピのポイント

ウェルシュケーキは、バターを溶かさないように材料をよく冷やし、手早く作業するのが最大のポイント!

はじめに粉の中にバターを分散させることによって、ウェルシュケーキのほろりとした食感が生まれます。

おいしい食べ方

ウェルシュケーキは焼きたてが一番!表面のさくさくと、中のしっとりほろりとした食感がたまりません。

このままでも十分おいしいですが、お好みでバターやジャム、クロテッドクリームなどを添えてください。熱いうちにグラニュー糖をまぶしたりもするそうですよ。

そして、ぜひ紅茶やミルクティーのご用意を♪本場・イギリスのように楽しみましょう。

冷めてもおいしく召し上がれますが、焼きたてのように楽しみたいときはフライパンで温め直すのがおすすめ。

通常作り置きするようなお菓子ではありませんが、余ってしまったら冷まして密閉容器や袋に入れ、2~3日中にお召し上がりください。

おうちで作れるイギリスのおやつ♪ウェルシュケーキを楽しもう

今回は、ウェルシュケーキのレシピをご紹介しました。

初めて聞いたという方も、ぜひ一度作ってみてください♪
さっと作れてフライパンで焼けるのにこんなにおいしいなんて……最高すぎます。

コラムをきっかけに、イギリスの伝統菓子に興味を持ってもらえたらうれしいです。

date
2023/09/08
writer
misa
category
お菓子作り
注:記事内容やレシピ・画像の転用・掲載などの二次利用はお断りしております。

スイーツ好き、おしゃべり好き♡お菓子教室の講師は天職だと最近感じています(笑)少しでもお役に立てるお話が出来たら嬉しいです♪

コメント

この記事にコメントを書く

コメント

ニックネーム

※ コメント反映までにお時間をいただきます。コラム内容に関係のないコメントや、個人的なご相談などは公開を控えさせていただく場合がございます。

おすすめのコラム

リンツァートルテのレシピ、オーストリアの伝統菓子の作り方

世界最古のトルテともいわれる「リンツァートルテ」タルト型を使って焼きっぱなしで作る、滋味深い味わいのお菓子・リンツァートルテをご存じでしょうか。格子状に絞った生地の間から見えるジャムの赤色が映える、クラシカルな見た目の伝...

冷凍フルーツピューレで作るスイーツレシピ【1袋使い切り】

冷凍ピューレを使ってスイーツを作ろう♪自分で作ると手間がかかるフルーツピューレ。そんなときに便利なのがパック詰めされた冷凍のフルーツピューレです。でも、いざ買ってみたものの、「何を作ろう?」「微妙に余っちゃった」なんてい...

初心者向け薄力粉の選び方 Part2

薄力粉の違いでお菓子は変わる?前回はサブレとスコーンを焼き比べてみましたが、今回はジェノワーズ、マドレーヌ、マフィンを4種類の薄力粉で焼き比べてみました。ジェノワーズ焼き比べ共立て法でどれも同じ配合で作りました。一番高さ...

モンブラン以外にも♪モンブラン口金を使ったデコレーションアイデア

モンブラン口金をデコレーションに使おう小さな穴がたくさん開いた独特の形の「モンブラン口金」は、他の口金では表現できない絞りを演出してくれる口金。モンブランを作るのに欠かせない道具ですが、モンブランにしか使えないというわけ...

イギリスのショートケーキ「ビクトリアスポンジケーキ」の作り方

ビクトリアスポンジケーキを知っていますか?ビクトリアサンドイッチケーキとも呼ばれる、ビクトリアスポンジケーキ。イギリスでは日本のショートケーキに匹敵する、メジャーな存在のケーキです。名前は高貴なイメージですが、構造はかな...

おすすめ PICK UP!

ウェルシュケーキのレシピ、フライパンで焼くイギリス伝統菓子