cotta column

憧れのブランチ♪エッグベネディクトレシピ

date
2018/09/07
writer
nagyi
category
パン作り

エッグベネディクトでお家カフェ♪

“エッグベネディクト”、少し前に流行りましたね。

由来はいろいろあるようですが、卵料理の朝食、ブランチメニューの一つとしてカフェやレストランでは定着しているよう。

たまにはブランチにエッグベネディクトを作って、お家でカフェ気分。休日のちょっと楽しい遊びになりそうです。

手間がかかりそう…。そんなイメージがあるかもしれませんが、ポーチドエッグとオランデーズソースさえ作れば、もうできたようなもの♪

今日は、シンプルなエッグベネディクトを作っていこうと思います。

何から作る?


作る順番は自由ですが、今回ご紹介する工程は次のようになります。

  1. イングリッシュマフィンを準備する
  2. ポーチドエッグを作る
  3. オランデーズソースを作る
  4. ベーコンを焼く
  5. 盛りつける

エッグベネディクトレシピ(2個分)

イングリッシュマフィンを準備する


使うパンは、イングリッシュマフィン。

私は普段からパンを焼くので、自分で焼いたマフィン。
でも、パンから作っていたのでは本当に大変ですよね。だから、もちろん市販のマフィンでも♪

今回のコラムにあたり、試しにハード系パンのリュスティックと生ハムで作ってみました。
結果は?
ソフトなパンの方が食感のバランスがいいように感じます♪

ポーチドエッグを作る

ちょっと難しそうなイメージの、トロトロのポーチドエッグを作っていきます。

材料

  • 全卵…2個
  • 水…500ml
  • 酢…大1

作り方

  1. 水500mlを火にかけて、沸騰したら酢を大さじ1入れ、菜箸でグルグルと熱湯をかき混ぜます。
  2. 弱火にして、渦の中心に卵を落とします。
  3. 酢で卵がまとまりやすくなりますが、もし卵白が散らばるようであれば、菜箸でまとめるように♪
  4.  
    *二つ以上作る場合でも、卵は一つずつ鍋に入れて作ってくださいね。

  5. 2分間ほど経ったら、網じゃくしなどですくい、キッチンペーパーで水気を切っておきます。
  6.  
    *トロトロのポーチドエッグになるよう、時間に注意してください♪

オランデーズソースを作る

このソースのポイントは、卵黄とバターとレモン汁をしっかり乳化させること♪

材料

  • 卵黄…1個
  • 無塩バター…20g
  • レモン汁…少々
  • 塩…少々

作り方

  1. 卵黄を湯せんにかけ、トロっとするまで混ぜます。
  2.  
    *卵黄が粘り、固まり始める温度65~70℃より高い温度で湯せんをすると、トロみがつきやすいです。

  3. 無塩バターを600Wのレンジで20~30秒間加熱し、溶かします。
  4. トロみがついた卵黄に、溶かしバターを数回に分けて少しずつ入れ、その都度ポイッパーでよく混ぜます。
  5.  
    *ここでしっかり卵黄とバターが分離しないよう乳化させながら、少量ずつバターを入れます。

  6. レモン汁を加え、さらに混ぜます。
  7. 最後に塩を入れ、よく混ぜます。
  8. *お好みでマヨネーズを少量加えても♪

仕上げ

材料

  • イングリッシュマフィン…1個
  • ベーコン…2切れ
  • ポーチドエッグ…2個
  • オランデーズソース
  • ブラックペッパー…少々

作り方

  1. イングリッシュマフィンを横半分にカットします。
    カット面を上にして、焼き色が付くまでトースターで焼き、バターを塗ります。
  2. ベーコンも、トースターまたはフライパンで焼いておきます。
  3. カット面を上にしたマフィンに焼いたベーコンをのせ、その上にポーチドエッグをのせます。
  4. オランデーズソースをかけ、仕上げにブラックペッパーを振れば、出来上がりです。

「お家で作るエッグベネディクト」の詳しいレシピページはこちら

オリジナルアレンジも楽しめます♪


今回は、とてもシンプルなエッグベネディクトを作りました。

ここからアボカドやチーズをサンドしたり、ベーコンのかわりに生ハムをサンドしたりしてもおいしいですよ♪
そんなアレンジ、自分のオリジナルを作るのもいいですね。

たまには、お家で少しだけおしゃれなブランチはいかがでしょうか。

date
2018/09/07
writer
nagyi
category
パン作り

手作り。丁寧に何かを作る事はそれだけでとても豊かな事だと感じながら。作る事は私の生活の彩りにもなっています。

この記事にコメントを書く

コメントを残す

トマトジュースで作る夏パンレシピ

トマトジュースを使って夏パンを作ろう! 仕込み水にトマトジュースを使って、夏にぴったりなパン作りませんか? トマトジュースを使ったパン生地は、なんといっても色が鮮やかでとってもきれい。 お味もおかず系のパンにぴったりなん ...

甘みだけじゃない。パンに砂糖を入れる理由

パン作りで使う砂糖 パン作りに必要な材料の一つ、砂糖。 砂糖の役割は、実はパンに甘みを加えるだけではありません。 今回は、パンに砂糖を入れることによって得られる効果を解説し、砂糖の量を変えて焼き比べた結果をご紹介します。 ...

かわいい枝豆パンの作り方

旬の枝豆を使ったパンを作ろう 夏が旬の枝豆をたっぷり使って、かわいいパンを作りませんか。 パン生地にはピューレ状にした枝豆を練り込んで。 フィリングにはクリームチーズと枝豆をそのまま包んで。 見た目も食感も楽しめるかわい ...

かわいいうり坊パンの作り方

お正月にぴったりのパン 2019年の干支(えと)は、「亥(イノシシ)」です。 しま模様がかわいい、イノシシの赤ちゃん「うり坊」。 今回は、新年のスタートにもぴったりな干支パン、かわいいうり坊パンをご紹介します。 お正月の ...

line

line

line

line

sugar

cottalicense

cottalicense

公式SNSをフォローしておすすめ情報を受け取ろう♪

cotta columnでは、お菓子・パンづくりが大好きな人達が役立つ情報を配信しています。