cotta column

キャラメルソースから作る、キャラメルシュークリームレシピ

date
2019/03/26
writer
えみ
category
お菓子作り

みんなが大好きなキャラメル味

甘さだけでなく、香ばしさもおいしさのポイントであるキャラメル風味は、大人も子どもも好きな味なのではないでしょうか。

今回は、作りやすいキャラメルソースを使って、キャラメル風味のシュークリームを作るレシピをご紹介します。

キャラメルシュークリームレシピ

キャラメルソースを作る

材料(作りやすい分量)

  • グラニュー糖…60g
  • 水…20g
  • 生クリーム…80g
おすすめのアイテム
cotta 細目グラニュー糖 1kg

作り方

  1. 鍋にグラニュー糖を入れ、そこをめがけて水を加えます。
  2. 水分を全体に行き渡らせたら中火で加熱。最初は触らず、周りが茶色く変化してきたら鍋を大きく回していきます。

    全体的にもったりとしてきたら、火を少し弱めます。

  3. あっという間に色が濃くなっていくので注意しながら、好みの色になったタイミングで生クリームを一気に加えます。
  4. ゴムベラで混ぜ、全体が均一に混ざったら火を止めます。
  5. 瓶やボウルに取り出して冷まします。

カスタードクリームを作る

材料(作りやすい分量)

  • 卵黄…2個
  • グラニュー糖…40g
  • 薄力粉…24g
  • 牛乳…160g
  • バニラオイル…適量

作り方

  1. 鍋に牛乳を入れ、沸騰直前まで温めます。
  2. *沸騰直前の目安は、鍋肌にふつふつと小さな泡が立ち始めるくらい。

  3. ボウルに卵黄とグラニュー糖を入れ、白っぽくなるまでよく混ぜます。
  4. バニラオイルとふるっておいた薄力粉を入れ、混ぜます。
  5. 1の牛乳を2回に分けて入れ、その都度混ぜます。
  6. 1で使っていた鍋に3を戻し、弱火にかけます。
  7.  
    ダマになりやすいので、絶えずゴムベラで混ぜながら加熱。とろみがついてきたら火を止め、バットなどに移して冷蔵庫で冷やしておきます。

シュー生地を作る

材料(5cmほどのプチシュー18個分)

  • 無塩バター…25g
  • 塩…ひとつまみ
  • 牛乳…35g
  • 水…35g
  • 薄力粉…35g
  • 卵…60~66g
  • 仕上げ用の卵…適量
  • 仕上げ用のグラニュー糖…適量

下準備

  • 薄力粉をふるっておく。
  • 卵を溶いておく。
  • 材料は全て室温に戻しておく。
  • オーブンを200℃で予熱しておく。

作り方

  1. 鍋に牛乳・水・無塩バター・塩を入れて、弱火で加熱します。
  2. *焦げ付く原因となるので、材料を入れてから鍋を火にかけます。

  3. バターが溶けたら強火にし、ゴムベラで混ぜながら全体を沸騰させます。
  4. *水分と油分をしっかりとなじませるため、30秒間ほど沸騰させてから火を止めます。

  5. ふるっておいた薄力粉を一気に加えて、ゴムベラで全体をむらなく混ぜていきます。
  6. 全体が混ざったら弱火~中火で火にかけ、ゴムベラで生地がひとまとまりになるよう絶えず混ぜます。
  7.  
    たまに鍋底にこすりつけるようにしながら、生地に含まれる水分を飛ばしていきます。

  8. まとまった生地をコロコロと転がしながら、炒めるように火を通します。
  9. 鍋底に白い膜が張ってくるのが目安。

    *テフロン加工の鍋だと鍋底に膜が張らず、加熱しすぎる可能性があります。
    熱を入れすぎて生地を焦がさないよう注意してください。

  10. 生地をボウルに取り出し、卵を4~5回に分けて加え、ハンドミキサーで混ぜます。
  11. ゴムベラなどで生地のかたさを確認しながら卵を入れましょう。

    卵を入れる量の目安は、生地がゆっくり流れて細長い三角形ができるくらいまで。

  12. 口金を付けた絞り袋に生地を入れます。
  13. 生地は焼くと膨らむので、間を空けて天板に絞ります。
  14. くっつけて絞るとつながった状態で焼き上がるので、それもかわいいですよ。

    絞り方は、口金を天板から1cmほど浮かせた位置で固定し、中へ中へと生地を絞り入れて徐々に大きくしていくのがポイント。
    理想の大きさになったら絞る力を弱め、山型になるようゆっくりと口金を持ち上げていきます。

    口金をぐるぐると回しながら絞るのはNG。絞った生地の真ん中に空洞ができてしまうことがあります。

    *絞ってからオーブンに入れるまでに時間がかかりすぎると、生地の表面が乾いてしまい、膨らまない原因となります。
    手早く絞りましょう。

  15. ヘラで仕上げ用の卵を塗り、グラニュー糖をかける。
  16. 予熱したオーブンに入れ、温度を調整しながら合計25~30分間焼きます。
  17. まず、200℃で焼き色が付くまで8~10分間。焼き色が付いたら180℃に下げて、残りの時間焼きます。

    *シュー生地がしぼむ原因となるので、温度を下げるときも絶対にオーブンの扉は開けないようにしましょう。

    *濃い焼き色が好きではない方は、グラニュー糖をかけずに焼いてください。私はこんがりしたほうが好きなので、砂糖をたっぷりとかけています。

仕上げ

材料

  • キャラメルソース…適量
  • カスタードクリーム…適量
  • 生クリーム…適量
  • 砂糖…お好みで(甘いほうがお好きな方は、生クリームの量の10%程度)

作り方

  1. カスタードクリームとキャラメルソースを好みの配合で混ぜます。
  2. 1:1程度を目安に、お好みの割合を探してみてください。

  3. 生クリームを泡立て、キャラメルソースを好みの配合で混ぜます。
  4. シュー生地を上から1/3の部分でカットする。
  5. クリームを詰めて完成。
  6. シュー生地のTOPにキャラメルソースを塗るのもおすすめです。

いろんなお菓子に使えるキャラメルソース

キャラメルソースは、クッキーに挟んだり、ケーキの生地に混ぜたり、トーストやアイスに塗ったりと、いろいろ使えるのに作り方が簡単な優秀ソース。

いろんなお菓子のクリームにも使えるので、ぜひ作ってみてくださいね。

【おすすめの特集】シュークリームレシピシュークリームレシピの特集はこちら
date
2019/03/26
writer
えみ
category
お菓子作り

お菓子や料理をつくる時間、食べる時間を楽しむ会社員。
日本だけではなく世界中のおいしい料理、お菓子、それにまつわる文化を勉強中です。

この記事にコメントを書く

コメントを残す

line

line

line

line

sugar

cottalicense

cottalicense

公式SNSをフォローしておすすめ情報を受け取ろう♪

cotta columnでは、お菓子・パンづくりが大好きな人達が役立つ情報を配信しています。