cotta column

SNS映えする韓国スイーツ トゥンカロンの作り方

date
2020/04/16
writer
nyonta
category
お菓子作り

ボリュームたっぷり!韓国のマカロン・トゥンカロンを作ろう

かわいいだけじゃなくおいしいマカロンは、大人気のスイーツ。
世界中で人気がありますが、お隣の韓国ではちょっと変わったマカロンが流行っているとか。

その名は、マカロンならぬ「トゥンカロン」!
一般的なマカロンとは何が違うのでしょうか?

今回はトゥンカロンについて詳しく解説し、おいしいレシピをご紹介します。

トゥンカロンとは?

トゥンカロンとは、韓国語で書くと「뚱카롱」。
「뚱뚱한 마카롱(トゥントゥンハン マカロン=太ったマカロン)」の略で、その名の通りクリームがたっぷり挟まっています。

バリエーションも豊富で、カラフルな模様が施されていたり貝殻の形だったり。
クリームの他にフルーツや市販のチョコレート菓子を挟むことも。

コロンとボリューミーで見た目のインパクトもあるトゥンカロンは、SNS映えも抜群!

特別な定義はないようなので、自分好みにカスタマイズしたトゥンカロンを作りたいですね♪

チョコレートトゥンカロンのレシピ(6個分)

今回は私の一番のおすすめ、チョコレートトゥンカロンのレシピをご紹介します。
マカロン生地はマカロンミックスを使うので、気軽に作れますよ。

マカロン生地を焼く

ココアマカロン生地とプレーンマカロン生地の作り方は同じです。
それぞれ作っていきましょう。

材料

ココアマカロン生地(18枚分)
  • マカロンミックス…50g
  • 水…33g
  • アーモンドプードル…50g
  • 純粉糖…50g
  • ココアパウダー…5g
プレーンマカロン生地(18枚分)
  • マカロンミックス…50g
  • 水…33g
  • アーモンドプードル…50g
  • 純粉糖…50g
  • 茶色の色素…少量

下準備

  • オーブンを140℃に予熱しておく。

作り方

  1. ボウルにマカロンミックスと水を入れ、ハンドミキサーでツノが立つまでしっかり泡立てる。

    *始めは低速で泡立て、全体がなじんだら高速にしましょう。

  2. アーモンドプードルと粉糖をふるい入れ、ゴムベラで混ぜる。
    ココア生地の場合はココア、プレーン生地の場合は茶色の色素をここで加えます。
  3. ゴムベラやカードでボウルの側面に生地をなすりつけて、マカロナージュする。

    *生地につやが出て、折り重なるように落ちていけばOK。
    画像はプレーン生地です。

  4. 1cm口径の丸口金を付けた絞り袋に入れ、シルパットを敷いた天板の上に1個当たり5cmくらいの大きさで絞る。
    *間隔を空けて絞りましょう。
  5. 絞り終わったら天板の底を何度か軽く叩いて、表面を平らにする。
  6. 140℃に予熱したオーブンで17~18分間焼く。

    *焼き上がりの目安は触っても動かないくらい、底まできちんと火が通っていること。
    焼成時間は各オーブンによって若干の違いが出ます。

ミルクチョコガナッシュを作る

材料

  • ミルクチョコレート…150g
  • 生クリーム…100g

作り方

  1. ボウルにチョコレートを入れ、沸騰させた生クリームを入れる。
    少し置いて、中心からホイッパーで徐々に混ぜて乳化させていく。
  2. きれいに乳化したら涼しい場所に置いて冷やす。
    *すぐ作りたい場合はボウルの底を氷水に当て、混ぜながら冷やしても構いません。

仕上げ

材料

  • ココアマカロン…6枚
  • プレーンマカロン…6枚
  • 市販のアーモンドチョコ…6粒
  • アーモンドスライス…適量

下準備

  • アーモンドスライスはローストしておく。

作り方

  1. ガナッシュが絞れるかたさまで冷えたら、1cm口径の丸口金を付けた絞り袋に入れる。
  2. プレーンマカロンは外側から中心に向かってしずくの形に絞る。
    ココアマカロンはぐるぐる渦を巻くように絞る。
  3. ガナッシュを絞ったプレーンマカロンの中心に市販のアーモンドチョコをのせ、ローストしたアーモンドスライスを散らす。
  4. 3の上に、ガナッシュを絞ったココアマカロンを少し斜めになるようにして重ねる。
  5. チョコレートトゥンカロンの出来上がり。

マカロンミックスを使えば、難しいマカロンも本当に簡単!
通常のマカロンの倍以上入っているのではないかと思える、たっぷりのガナッシュもぜいたく♪

サンドするものを変えて

マカロン生地に挟むものを変えればお好みの味に。
クルミなどのナッツやオレンジピールなどのドライフルーツを入れても◎

中でもおすすめしたいのが、マロンペーストと栗をサンドしたモンブラン風のトゥンカロン。
チョコレートトゥンカロンと同じマカロン生地&ガナッシュにぴったりなアレンジです。

「チョコレートトゥンカロン・モンブラントゥンカロン」の詳しいレシピページはこちら

トゥンカロンのバリエーション

抹茶のトゥンカロン

抹茶とあずきを合わせたジャパニーズスタイル。
香り高い抹茶で作ると一層おいしくなりますよ。

「抹茶トゥンカロン」の詳しいレシピページはこちら

いちごのチーズクリームトゥンカロン

淡いピンクの生地でいちごとチーズクリームを挟んだラブリーな見た目のトゥンカロン。
まったりしたチーズクリームと甘酸っぱいいちごがベストマッチ!

「苺のチーズクリームトゥンカロン」の詳しいレシピページはこちら

自由にいろいろな仕上げで楽しんで♪


今回は4種類のトゥンカロンを仕上げましたが、重視したのは「おいしさ」。

かわいいお菓子はつい見た目を優先していろいろ合わせたくなりますが、全体のバランスを考えて作るのがおいしく仕上げるコツです♪

ぜひ自分好みのトゥンカロンを作ってみてくださいね☆

date
2020/04/16
writer
nyonta
category
お菓子作り

製菓学校卒業後、ホテルやケーキ屋さんで働いていた経験を活かして、毎日楽しくお菓子作りしています。旬の食材で作る季節感のあるお菓子が大好きです!

この記事にコメントを書く

コメントを残す

シフォンケーキの失敗しない作り方

シフォンケーキは失敗しがちなお菓子のひとつだと思います。 レシピ通りに焼いているのに、焼き縮みしたり、穴があいたり・・・。上手に焼けたと思っても次に焼いたときにはまた失敗したり。しかも、いつも同じ失敗になるとは限らず、い...