cotta column

イングリッシュマフィン風♪レモンピールを使ったパンのレシピ

date
2021/08/26
writer
chiyo
category
パン作り

レモンピールでパン作り

夏の果実というイメージが強いレモン。ですが、皮ごと安心して使える国産レモンの旬は10月頃から3月頃といわれていて、夏は手に入りにくい果物なんです。

食べたいときに手に入らないのは、残念ですよね。

今回は、完熟したレモンの外皮を使った加工品「レモンピール」で作るパンのレシピをご紹介。
フレッシュのレモンが手に入りにくい時期でも、レモンが楽しめるパンに仕上げました。

レモンピールってどんなもの?

レモンピールのもともとの意味は、レモンの皮。
製菓材料では、レモンの皮をシロップで煮て、乾燥させたものや砂糖漬けにしたもののことを指します。

レモンピールは、フレッシュのレモンがない時期でも、思う存分レモンが堪能できるアイテム。
ジャムよりも水分も甘さも控えめなので、パンやお菓子に使いやすいといえるのではないでしょうか。

また、そのまま使えるので、皮をすりおろしたり果汁を搾ったりする手間が省けるのもうれしいポイント♪

今回のレシピで使用するのは、5mmにカットされたレモンピール。程よい大きさで食感のアクセントにぴったりです。

レモンピールを使うことで、自然なレモンの香りやほろ苦さが際立ち、食感も楽しめるパンが作れます。

レモンピールでもちもちマフィンのレシピ

ご紹介するのは、たっぷりのレモンピールを練り込んで作った、爽やかな風味が楽しめるレシピ。
マフィン型を使って、イングリッシュマフィン風に仕上げました。

天板などでフタをして焼き上げることにより、水分が飛びにくくもちもちした食感に。
小さめのサイズ感と高さのあるフォルムがかわいく、朝食にもおやつにも◎

材料(マフィン型6個取1枚分)

  • 強力粉…140g
  • ドライイースト…2g
  • 塩…3g
  • 砂糖…15g
  • 太白ごま油…10g
  • 水…90g
  • レモンピール…40g

下準備

  • 型に軽く油脂を塗っておく。
  • オーブンは焼成温度より20℃高い温度でしっかり予熱しておく。

作り方

  1. ニーダーやホームベーカリーに、強力粉から水までの材料を入れてこねる。
  2. こね上がり5分前にレモンピールを入れ、残り時間をこねる。

    *お使いの機械によってこね時間が違うので、調整してください。

  3. こねが終了したら機械から取り出し、手で軽く丸めなおす。
  4. ボウルに移してラップをかけ、室温で40分~1時間一次発酵。
     
    *時間は室温によって前後するので、生地が2.5倍程度に膨らむのを目安に。

  5. 6分割(1つ43~45g)して軽く丸め直し、パンマットの上に置く。
  6. ぬれ布巾をかけ、15~20分間ベンチタイム。

  7. 成形する。
  8. とじ目を上にして軽く手で押さえて空気を抜く。

  9. 表裏をひっくり返して丸め直す。
  10. 6個とも同じように丸め直す。
  11. 下準備で軽く油脂を塗ったマフィン型に入れる。
  12. 35℃で30~40分間二次発酵。
  13. *生地が2倍程度に大きくなるまで発酵させてください。

  14. オーブンシートをかぶせ、その上に天板やオーブン皿などを置いてフタをする。
  15. 焼成。
  16. ガスオーブン、190~200℃で10~12分間。
    電気オーブン、200~210℃で12~14分間。

    *お使いのオーブンによって火力が違うため、焼成温度・時間は調整してください。

  17. 型から出してケーキクーラーにのせ、粗熱が取れるまで冷ませば出来上がり。

「レモンピールでもちもちマフィン」の詳しいレシピページはこちら

レモンピールで爽やかな風味を楽しもう


ほろ苦く爽やかなレモンピールをふんだんに使ったマフィンは、食事用パンとしてもおすすめ。軽くトーストしたり、サラダなどをサンドしたりと、お好みでお召し上がりください。

もちろん、そのままもちもち食感を楽しむのも◎

レモンピールを使った爽やかなレモンパン、おすすめです。

【おすすめの特集】マフィン型でつくるお菓子&パンマフィン型でつくるお菓子&パンの特集はこちら
date
2021/08/26
writer
chiyo
category
パン作り

口に入れた瞬間に笑顔いっぱい広がるようなお菓子やパン作りまたそれを伝えていきたいと思ってます。不定期にお菓子教室開催。

この記事にコメントを書く

コメントを残す