cotta column

冷凍パートフィロで作る、簡単マロンパイのレシピ

date
2021/11/19
writer
nyonta
category
お菓子作り

パートフィロを使ったお菓子作り

パートフィロ(フィーロペストリー)という生地をご存じですか?

日本の家庭ではなかなかなじみの少ない生地ですが、一度その生地で作ったお菓子を食べると、とりこになること間違いなしの魅惑的なスイーツが作れます♪

今回はパートフィロを数枚重ねて、パリッパリの食感がおいしいマロンパイを作っていきます!

パートフィロとは?

パートフィロとは、地中海発祥のパイ生地。パータフィロともいわれます。
主にとうもろこしの粉・小麦粉・水・塩・オイルを合わせて作られていて、甘味がないのでスイーツはもちろんお料理にも◎

パートフィロは、1枚がとても薄くてやわらかい生地。冷蔵庫で完全に解凍してから1枚ずつ丁寧に剥がし、乾燥しないようラップで覆うなどしながら作業します。

向こう側が透けて見えるくらい薄いので、何枚か重ねて使うのが一般的。この薄さこそが最大の特徴であり、この生地でしか出せない食感を生み出してくれます。

表面がサラッとした生地で、バターも使われていないため常温で溶ける心配は不要。丁寧に取り扱えば、取り扱いは全く難しくありません!
(注意点としては、薄くて破れやすいこと、乾燥に気をつけること!)

今回使用する「アントニオ フィーロペストリー」はこちら

パートフィロで作るマロンパイのレシピ(6個分)

栗のクレームダマンドを作る

材料

  • 無塩バター…50g
  • 粉糖…50g
  • サバトンマロンペースト…50g
  • 全卵…50g
  • アーモンドプードル…50g

下準備

  • バターと全卵は常温に戻しておく。

作り方

  1. ボウルに無塩バターと粉糖を入れてなめらかになるまで混ぜ、マロンペーストを加えてダマが残らないようしっかり混ぜる。
  2. 全卵を溶いて少しずつ加え、アーモンドプードルも加えてよく混ぜる。

パートフィロで包んで焼く

材料

  • パートフィロ…3枚
  • 無塩バター…適量(60g~)
  • 栗の渋皮煮…6粒
  • 粉糖…適量

下準備

  • パートフィロを解凍し、乾かないようにラップで包んでおく。

作り方

  1. パートフィロを1枚広げ、溶かした無塩バターをハケで満遍なく塗り広げる。
  2. パートフィロを1枚重ね、さらに溶かしバターを塗り広げてもう1枚重ねる。
  3. *溶かしバターで接着して、全部で3枚重ねにします。

  4. ピザカッターなど使って6等分にカットする。
  5.  
    注:生地が見やすいようにペストリーボードを敷いて撮影しています。傷が付く可能性があるため、ペストリーボード上では刃物を使わないようご注意ください。

  6. 4辺に2cm程度切り込みを入れる。
  7. マフィン型に軽くオイルスプレーを吹きかけ、4を敷き込む。
  8. 栗のクレームダマンドを絞り袋に入れ、1個につき20g絞り入れる。
  9. 栗の渋皮煮を一つ入れ、少し押し込む。

  10. ダマンドで栗を隠すように、20g絞り入れる。
  11. *ダマンドは1個につき約40gです。全て使い切ってください。

  12. 型からはみ出たパートフィロをギュッと合わせて重ねる。
  13. *きれいに包み込んだ形がよければ、折りたたんでもOKです。

  14. 200℃に予熱したオーブンを190℃に下げ、40~45分間焼成する。
  15. おいしそうな焼き色がついたら出来上がり。
  16. お好みで粉糖をかけて仕上げても◎

パートフィロだからこそ出せるこの食感、紙をクシャッとしたような独特なフォルム。
パリッパリでとても香ばしいマロンパイに仕上がりました。

「パリッパリ!パートフィロでマロンパイ」の詳しいレシピページはこちら

 
冷めてもパリパリのままですが、トースターなどで少しリベイクすると焼きたての香ばしさがよみがえって、よりおいしく召し上がれます。

タルトの土台にもおすすめ

パートフィロはタルトの土台に使用するのもおすすめです。マフィンカップなどに同じように数枚重ねて敷き、ダマンドを絞れば簡単タルト台の出来上がり♪

ひらひらとした見た目のおしゃれなタルトに仕上がりますよ。

今回はモンブランタルトに。パリパリとした食感の生地にたっぷりのクリームを合わせると絶品…!新たなモンブランの土台として、ぜひこちらも参考にしてみてください♪

「パートフィロでパリッパリモンブラン」の詳しいレシピページはこちら

 
…余談ですが、私がパートフィロを初めて知ったのは製菓学校の実習で習ったタルトでした。フルーツタルトの土台に使用したのですが、初めて食べる食感とおいしさに感動したものです!あの時の感動をぜひ皆さまにもお伝えできたら☆

パリッパリ食感がたまらないおいしさ♪


パリッパリ食感がおいしいパートフィロを使ったマロンパイ。この生地だからこそ出せる食感と見た目、味わい。焼きたてパリパリのおいしさは格別です。

ぜひおうち時間に作ってみてくださいね!

【おすすめの特集】くりのお菓子とパンレシピくりのお菓子とパンレシピの特集はこちら
date
2021/11/19
writer
nyonta
category
お菓子作り

製菓学校卒業後、ホテルやケーキ屋さんで働いていた経験を活かして、毎日楽しくお菓子作りしています。旬の食材で作る季節感のあるお菓子が大好きです!

この記事にコメントを書く

コメントを残す

強力粉をブレンドして作るクッキーレシピ

お菓子作りに使う小麦粉といえば… お菓子作りに欠かせない材料の一つ、小麦粉。 ご存知の通り、強力粉・中力粉・薄力粉など、種類が豊富。 皆さんはどの粉を使っていますか? クッキーをはじめ、お菓子作りに使う粉といえば「薄力粉...