cotta column

冷蔵発酵で作るパンレシピ

date
2019/05/20
writer
みりんパン
category
パン作り

冷蔵発酵でパンを焼いてみよう

パン作りには、冷蔵発酵という方法があるのをご存知でしょうか。

この方法をうまく使えば、家事や仕事の合間にパンを作ることができるように。
気温が上がってくる季節に気を付けたい、過発酵の対策にもなるのでおすすめです。

今回は、冷蔵発酵でのパンの作り方を詳しく解説。
イースト量を通常より抑えて、少しだけ発酵を進めてから冷蔵庫に入れ、翌日に焼くという方法をご紹介します。

冷蔵発酵とは?

冷蔵発酵とは、こねた生地を一次発酵するときに、低温(冷蔵庫)でゆっくり発酵させる方法のこと。

「長時間熟成」や「長時間低温発酵」という言葉を聞いたことはありませんか?
パンの製法としては、「オーバーナイト法」とも呼ばれます。

冷蔵発酵のメリット

  • 時間の調整がきく。
  • 小麦のうま味を引き出し、味わい深いパンになる。
  • イーストの量を控えるため、イースト特有の匂いを抑えて、小麦本来の香り豊かなパンが焼ける。
  • パンの老化が遅く、おいしい状態を長く保てる。
  • バゲットなどのハードパンは気泡が入りやすくなる。

冷蔵発酵のデメリット

  • 発酵の見極めが必要。
  • クラストがややかたく、引きが強いパンになる。
  • 焼いたパンの表面に、「フィッシュアイ」や「火ぶくれ」と呼ばれる、ぶつぶつができてしまうことがある。

冷蔵発酵パンを作るときの注意点

イースト量の細かい調整が必要

0.1g単位で量れるスケールを使用するなど、きちんと量りましょう。

作業開始から24時間以内には焼き上げる

材料と混ぜ合わせてから24時間を過ぎると、イーストの働きが低下していきます。
また、長時間の保存にはカビや腐敗の心配も。

作業開始から焼き上げまでを、24時間以内で完了させるのが好ましいでしょう。

発酵が進みすぎる場合がある

冷蔵庫に入れていても、パン生地の発酵は進みます。
発酵しすぎてしまう原因は、生地のこね上げ温度が高すぎるか、冷蔵庫の温度が高いこと。

こね上げ温度が26~28℃になるよう、材料や仕込み水の調整を。
野菜室は比較的高い温度に設定されているので、5℃前後の冷蔵室に入れるほうが失敗が少なくおすすめです。

カマンベールハニーパンのレシピ

カマンベールチーズとはちみつのハードパンは、お好みで黒こしょうをトッピングすると、ぐっと大人っぽい味に。
パンチで生地をつなぐので、こねる作業はありません。

工程内にタイムテーブルを記載しています。参考にしてみてくださいね。

材料(3個分)

  • 強力粉(はるゆたかブレンド)…165g
  • 全粒粉(春よ恋)…35g
  • インスタントドライイースト…0.5g
  • 塩…3g
  • 砂糖…5g
  • 水…140g
  • カマンベールチーズ…75g
  • はちみつ…適量
  • 粗びき黒こしょう…お好みで

作り方

1日目

  1. 16:00 ボウルに計量した粉類を入れ、混ぜておく。
  2. 水を加えヘラで粉気がなくなるまで混ぜる。

  3. こね上げ温度は26~28℃になるように。

  4. 30℃で20分間休ませる。
  5. 16:25 1回目のパンチ。
  6. 指を水でぬらして生地を優しくつかみ、ちぎれないところまで引っ張り上げたら生地をたたむ。
    これをボウル1周行う。

    1回目のパンチ終了。

  7. 30℃で20分間休ませる。
  8. 16:45 2回目のパンチ。
  9. 工程4と同様に行う。
    生地に弾力があり、表面がつるんとしてくる。

  10. 30℃で約30分間発酵。
  11. *1.5倍くらい膨らむのが目安。

  12. 17:15 冷蔵庫に入れ、一晩休ませる。
  13. *時間にすると、12~20時間程度。

2日目

  1. 12:30 生地を冷蔵庫から取り出す。
  2. 冷蔵庫に入れる前よりも約2~2.5倍の大きさになっているのが目安。
     
    *ふくらみが悪いときは、30℃で30分間程度発酵を追加する。

  3. 3分割して三つ折りにし、30℃で30分間ベンチタイム。
  4. 13:00 とじ目を上にしてガスを抜き、カマンベールチーズを25gずつ包み、成形。
  5. 13:10 とじ目を下にして置き、30℃で一回り大きくなるまで二次発酵。
  6. *パンマットがあれば布取りすると良い。

    二次発酵の間にオーブンの予熱(250℃)を開始。
    このとき、天板を入れたまま予熱するのがポイント。

  7. 13:45 とじ目を下にしてオーブンシートにのせ、カマンベールチーズが見えるまでクープを入れる。
  8. クープの部分にはちみつをかけ、お好みで粗びき黒こしょうをかける。
  9. 予熱した天板にオーブンシートごとのせ、焼成。
  10.  
    スチーム機能がある場合、スチームを入れ250℃で6分間→220℃で11分間。
    スチーム機能がない場合は、霧吹きをして同様に焼く。

    *焦げそうなときはアルミホイルで覆うか、温度を低くする。

  11. 14:05 焼き上がり。

食べるときにはちみつを追加でかけてもおいしいですよ。

既存のレシピを冷蔵発酵で作るには?

今回の作り方を応用して、既存のレシピを冷蔵発酵で焼くことも可能です。

基本的には、レシピのイースト量を1/3程度に抑えることで、冷蔵発酵に対応するイースト量にすることができます。

イースト量の調整の仕方

以前のコラムでご紹介した「ベーコンエピ」のレシピを例に解説します。

パン生地の材料

  • 準強力粉(リスドォル)…200g
  • インスタントドライイースト…1.5g
  • 水…126~130g
  • 塩…3g
  • 砂糖…6g
  • 無塩バター…6g

このレシピのイースト量は、ベーカーズパーセントで「0.75%」。
1/3量ということは、「0.25%」にすればOK。

(粉のグラム数)×(イーストのベーカーズパーセント)=(イースト量)
200g×0.25%=0.5g

作り方

  1. イースト量を0.5gにして生地をこねる。
  2. 1.5倍に膨らむまで30分間ほど発酵させ、冷蔵庫に一晩入れる。
  3. ベンチタイムからは、元のレシピ通りの工程でOK。

ベーカーズパーセントについての詳しい説明は、コラム「ベーカーズパーセントとは?徹底解説!」をご覧ください。

パン作りに大切なこと

発酵にかかる時間は糖分や油脂の量によって異なって来るので、発酵具合を見極めることが大切。

発酵の見極めは、冷蔵発酵の場合だけでなく、通常のパン作りにも大切な作業ですよね。
目で見て、生地に触れて、発酵の進み具合を見極めることが最も大切なのです。

空き時間をうまく使ってパン作り


パンを焼くときに3~4時間拘束されるというのは、ハードルが高いもの。

家事や趣味の合間に生地を仕込み、好きな時間においしい手作りパンを焼いて楽しみましょう。

date
2019/05/20
writer
みりんパン
category
パン作り

フルタイムで働く合間、パン作りをするのが楽しみな主婦。焼き立てパンのおいしさを、より多くの方に知っていただけるとうれしいです。

この記事にコメントを書く

コメントを残す

フードプロセッサーで手軽にパン作り♪

パン作りをフードプロセッサーでしてみませんか? 手ごねだと15分、HBでも20分ほどかかりますが、フードプロセッサーでは、なんと2分! 2分で捏ねあがったら、あとは発酵を待ったり、分割・成型したりするだけ。忙しい朝でも、 ...

かわいいお月見うさぎパンの作り方

十五夜にぴったりなうさぎパンを作りましょう ホワイトチョコ入りのいちごクリームを包んだ、うさぎパンを作りませんか? 仕上げの組み立ても楽しいうさぎパン。 さらに、マジパンとドッグ棒を使って、簡単なきねと臼も作り、十五夜の ...

line

line

line

line

sugar

cottalicense

cottalicense

公式SNSをフォローしておすすめ情報を受け取ろう♪

cotta columnでは、お菓子・パンづくりが大好きな人達が役立つ情報を配信しています。