cotta column

スクエア型で作るキャラメル×ナッツのパンレシピ

date
2020/02/10
writer
miharu
category
パン作り

キャラメル×ナッツが香ばしい♪焼き菓子風のパンを作ろう

キャラメルの優しい味に包まれたカリッと香ばしいナッツは、お好きな方も多いのではないでしょうか。

今回はキャラメルナッツを主役にした、焼き菓子風のパンレシピをご紹介。
ナッツのローストやキャラメルを作るときのポイント(温度やかたさなど)はもちろん、工程をそれぞれ詳しくご説明します。

キャラメルナッツのパンレシピ(18cmスクエア型1台分)

キャラメルナッツを引き立てるのは、オレンジ風味のチーズクリームとシナモン香るパン生地。

天板で焼き上げるドイツの発酵菓子「ブレッヒクーヘン」をヒントに、今回はスクエア型で焼き上げます♪

*レシピ内のオーブンの温度と時間、パン生地のこね時間は目安です。
お使いの機器によって調整してください。

ナッツをローストする

材料

  • くるみ…50g
  • ヘーゼルナッツ…40g
  • アーモンドホール…40g

作り方

  1. オーブンを180℃に予熱する。
  2. 天板にオーブンシートを敷き、ナッツが重ならないように広げる。
  3. オーブンの温度を140℃に設定して、2を15~20分間ローストする。

    *くるみとヘーゼルナッツの表面に油分がにじみ出て、アーモンドの外皮が少し濃くなり、香ばしい香りがしてきたらロースト完了の目安です。

  4. 網に取って冷ましたら、粗く刻む。

キャラメルナッツフィリングを作る

材料

  • 生クリーム…32g
  • 無塩バター…32g
  • はちみつ…30g
  • グラニュー糖…50g
  • 塩…ひとつまみ
  • ローストナッツ…全量

下準備

  • 18cmスクエア型に合わせて、オーブンシートを敷き込む。

作り方

  1. 小鍋に生クリーム・無塩バター・はちみつ・グラニュー糖・塩を入れて、中火にかけて混ぜ合わせ、沸騰させる。
  2. 温度計の先端を鍋底に付けて温度を計りながら、118℃になるまで煮詰める。

    *大きな泡が小さくなり、全体がフワッと沸き上がってきます。
    薄く淡いベージュ色になり、とろみが出てきたら次の工程に移る目安です。

  3. 刻んだナッツを加えて混ぜる。

    *キャラメルの色は、ナッツを加える前と比べると少しだけ濃くなります。
    かたさはやわらかく、粘りがある状態です。

  4. 準備したオーブンシートの上に、3を広げて冷ます。

    *出来上がったフィリングのかたさは、しっかり固まっているけれどかたすぎず、しなる感じです。

  5. 冷めたら型から取り出しておく。

オレンジチーズクリームを作る

材料

  • クリームチーズ…75g
  • 無塩バター…25g
  • グラニュー糖…10g
  • 卵…20g
  • レモン汁…小さじ1/2
  • アーモンドパウダー…30g
  • オレンジピール…20g

下準備

  • クリームチーズ・無塩バター・卵は、室温に戻す。

作り方

  1. クリームチーズと無塩バターを泡立て器でクリーム状にする。
    グラニュー糖を加えて、白っぽくふんわりするまで混ぜる。
  2. 卵を2~3回に分けて加え、よく混ぜる。
    レモン汁も加えて混ぜる。
  3. アーモンドパウダーを加えてよく混ぜ、オレンジピールも加えて混ぜる。

キャラメルナッツフィリングとオレンジチーズクリームは前日に仕込んでもOK。
その場合は、冷蔵庫で保存しておきましょう。

パン生地を作る

材料

  • 強力粉…120g
  • 薄力粉…30g
  • グラニュー糖…15g
  • 塩…1.8g
  • シナモンパウダー…1.2g(小さじ1/2)
  • インスタントドライイースト(耐糖性)…2.4g
  • 牛乳…70g
  • 卵…30g
  • 無塩バター…30g

下準備

  • 牛乳・卵・無塩バターを室温に戻す。
  • スクエア型に合わせてオーブンシートを敷き込む。

作り方

  1. ホームベーカリーなどのこね機に、無塩バター以外の材料を入れてこねる。
  2. 5分後、無塩バターをちぎりながら加えて8~10分間こねる。

    *手ごねの場合、5~8分間ほどこねて生地の表面がなめらかになったら、無塩バターを少しずつ練り込んでいきます。

    バターが混ざったら、10~15分間を目安に生地をたたきながらこねてください。

  3. ボウルに入れてラップをかけ、28~30℃で約40分間一次発酵。
    フィンガーテストをして、指穴が残れば発酵終了。
  4. オーブンの予熱スタート。
    240~250℃に設定して、天板も一緒に温める。
  5. ボウルから生地を出し、ベンチタイムは取らずに成形。
    めん棒をかけて型と同じ大きさに伸ばす。
  6. 準備した型に生地を入れる。
    角は丸くてもOK。
  7. 28~30℃で15~20分間二次発酵。
    少しふっくらしたら発酵終了。

仕上げ&焼成

材料

  • ピスタチオダイス…4g
  • 粉糖(お好みで)…適量
おすすめのアイテム
cotta ピスタチオダイス 100g

下準備

  • ピスタチオダイスをローストしておく。

    *ロースト方法は他のナッツと同様です。
    ピスタチオダイスは、キャラメルナッツフィリングに混ぜずにトッピングすると、彩りよく仕上がります。

作り方

  1. 二次発酵の終わった生地にオレンジチーズクリームを塗り、キャラメルナッツフィリングをのせる。
  2. オーブンの温度を200℃に設定して、20分間焼成。
    一度取り出してピスタチオダイスを全体に振りかけ、3分間焼成。
  3. 焼き上がったら型から出して網にのせ、キャラメルが固まるまでオーブンシートを付けたまま冷ます。

    お好みで粉糖を振ってデコレーションしたら出来上がり♪

「香ばしキャラメルナッツのシナモンブレッド」の詳しいレシピページはこちら

キャラメルとナッツを組み合わせてパン作りを楽しもう

優しい甘さのキャラメルと香ばしいナッツの組み合わせは、パン生地とも相性抜群!

お好みのナッツでアレンジするのも◎
カットの仕方を変えるだけでも、雰囲気が変わってすてきですよ。

パンとお菓子のいいところをギュッと詰め込んだレシピ、ぜひ作ってみてくださいね。

【おすすめの特集】スクエア型でつくるお菓子&パンスクエア型でつくるお菓子&パンの特集はこちら
date
2020/02/10
writer
miharu
category
パン作り
miharu

「楽しみながらパン作り」をモットーに、日々パンやお菓子作りに励んでいます。
パン教室主宰。

この記事にコメントを書く

コメントを残す

かわいいとうもろこしパンの作り方

赤ちゃんのようなとうもろこしパンを作りましょう 夏においしい、とうもろこしをメロンパンで作ってみました。 パン生地にはクリームコーンを練り込んで。 クッキー生地にはコーングリッツを入れて香ばしくさっくりと。 おくるみに包 ...

line

line

line

line

sugar

cottalicense

cottalicense

公式SNSをフォローしておすすめ情報を受け取ろう♪

cotta columnでは、お菓子・パンづくりが大好きな人達が役立つ情報を配信しています。