5,900円以上ご購入で送料無料! - 2/26(月)16:00まで

cotta column

お菓子・パン作りの知的好奇心を満たす情報メディア

簡単♪プチフランスのレシピ

date
2023/07/24
writer
Sakiko
category
パン作り

食べきりサイズのかわいいフランスパン作り

今回ご紹介するのは、フランスパンのおいしさを気軽に味わえるのが大きな魅力のプチフランス

丸めるだけでの簡単成形で作れるので、ハードパン初心者さんにもおすすめです!

ポイントを押さえて、小さな本格フランスパンを作りましょう♪

プチプランスとは

パン屋さんで丸い形や細長い形のもの、さまざまな具材を包んだものなど、小さなサイズのフランスパンを見かけますよね。
「プチ」はフランス語で「小さい」という意味。フランスパン生地を小さく焼き上げたパンがプチフランスと呼ばれています。

フランスパンは作るのが難しいイメージがありますが、プチフランスはご家庭でも作りやすいのでおすすめ。
小さなサイズで作ることで成形も簡単になるので、ハードルがグッと下がります。

外はパリッと、中はもちっとフワッと。フランスパンのおいしい味わいをそのままに楽しめるのが大きな魅力。
シンプルな生地はアレンジの自由度が高めなのもうれしいポイント!

プチフランスのレシピ(6個分)

フランスパンにはいろいろな製法がありますが、今回はこねから焼き上げまでその日のうちに作れる「ストレート法」での作り方をご紹介します。

工程がシンプルで発酵時間も短いので、より手軽に作ることができます。

材料

  • 準強力粉(リスドォル)…200g
  • イースト…1.2g
  • 塩…4g
  • モルトパウダー…0.6g
  • 水…136g

下準備

  • 夏の場合、水を12℃くらいに冷やしておく。
  • オーブンを230℃に予熱しておく(天板も一緒に入れて温めておく)。

作り方

  1. ボウルに粉・イースト・塩・モルトパウダーを入れ、水を加える。
    ゴムベラで粉気がなくなるまで混ぜる。
  2. 台に出し、なめらかになるまで10分間ほどこねる。

    生地がつながり、薄いグルテン膜ができたらOK。

  3. ボウルに薄くオイルスプレーをかけ、生地を入れる。
    ラップをかけて28~30℃で90分間発酵させる。
  4. ボウルをひっくり返し、生地がゆっくり落ちてくるのを待ちながら取り出す。
  5. パンチを入れ、軽くガスを抜きながら生地を広げる。

    奥と手前から生地を1/3ずつ折り畳み、三つ折りする。
    さらに左右から生地を1/3ずつ折り畳み、三つ折りする。

  6. ボウルに薄くオイルスプレーをかけ、生地を戻して28~30℃で30分間発酵させる。
  7. ボウルをひっくり返して生地がゆっくり落ちてくるのを待ちながら取り出す。
  8. 6等分に分割し、丸める。
    ぬれ布巾をかけて15分間ベンチタイムを取る。
  9. 軽くガスを抜き、生地の表面が張るように丸める。
  10. とじ目を下にしてキャンバス生地に並べる。
    28~30℃で30~40分間、発酵させる。
  11. 表面に強力粉(分量外)を軽く振り、オーブンシートの上に移す。
  12. クープナイフで真ん中に深さ3mmくらいのクープを入れる。

    6個全てにクープを入れる。

  13. 230℃に予熱したオーブンに蒸気を入れる(または霧吹きで水を吹きかける)。
    220℃に下げて13~15分間焼く。
  14. 出来上がり!

簡単!プチフランスパン」の詳しいレシピページはこちら。

レシピのポイント

クープが開き、生地がよく伸びて膨らむポイントを3つご紹介します。

ポイント1.表面が張るように丸める

成形時にガスを軽く抜いたらまわりの生地を中心に集め、表面がぴんと張るように丸めましょう。

クープを入れるときにナイフがすっと入りやすくなり、切り込みがきれいに入ってボリュームよく焼き上がります。

ポイント2.クープの深さは3mmが目安

クープを入れるときは、刃をすーっと手前に引くようにして一気に切り込みを入れます。
切り込みが浅すぎるとクープが開きにくくなるので、深さ3mmくらいを目安にしましょう。

ポイント3.予熱をしっかり行う

予熱はしっかり行い、天板も一緒に温めておきましょう。
熱々の天板、高温のオーブンで焼き上げることで、ボリューム良く焼き上がります。

下火が弱いと膨らみが悪くなるので、しっかりと温度が上がっているかチェック。

アレンジレシピ

シンプルな生地はアレンジ自在♪
生地に食材を練り込んだり包んだりすると、さらに違った味わいが楽しめます。

ハーブプチフランス

生地にお好みのドライハーブを混ぜ込んで香りを楽しむアレンジ。

ローズマリー・バジル・オレガノなどがおすすめです。

焼成中は香りが一段と引き立ち、焼き上がった後も爽やかな香りが楽しめるパンになります。
朝食やランチはもちろんのこと、サンドイッチにも。

チーズプチフランス

生地にサイコロ状のプロセスチーズをたっぷり包み、とろけるチーズをトッピング。

焼成中に十字にカットしたところからチーズがとろ~りあふれ出し、香ばしい香りがさらに食欲をそそります。

スープやサラダと一緒に食べるお食事パンとしてもぴったり。

初心者さんにも◎小さなサイズの本格フランスパン

パリッともちっとした食感が楽しめるプチフランス。
バゲットよりも簡単で、初心者さんでも挑戦しやすいと思います。

特に焼きたての風味は格別です!ぜひ味わってくださいね。

【おすすめの特集】フランスパンレシピフランスパンレシピの特集はこちら

date
2023/07/24
writer
Sakiko
category
パン作り
注:記事内容やレシピ・画像の転用・掲載などの二次利用はお断りしております。

シンプルな材料で作るパンが好き♡時々お菓子も♡ ちょっとしたコツでグッと美味しくなるパン作りをお伝えしています。 おうちでもワンランク上のパンを♪ 少人数制のパン教室、fleurirpanを主宰しています。

コメント

この記事にコメントを書く

コメント

ニックネーム

※ コメント反映までにお時間をいただきます。コラム内容に関係のないコメントや、個人的なご相談などは公開を控えさせていただく場合がございます。

おすすめのコラム

台湾ドーナツのレシピ、カリふわ新食感の作り方

新食感の台湾スイーツ!台湾ドーナツを作ろうおいしいグルメやスイーツの宝庫である台湾。マンゴーのかき氷・豆乳を固めた豆花・パイナップルケーキ・台湾カステラなど。今までにもいろいろな台湾スイーツが日本で流行となってきました。...

もう失敗しない!冬のパン作りで気をつけるべきポイント

冬ならではのパン作りの悩みといえば?冬場にパンを作るときに悩むことといえば、発酵に時間がかかることと、パン生地の乾燥ではないでしょうか。これは、気温と湿度が下がる日本の冬にパン作りをしたことがある人なら、感じたことがある...

パンに塗るドリュールは代用できるの?ツヤ出しに適した材料を比較してみた

パンのツヤ出し、なにを使ってますか?ツヤツヤで香ばしい色に焼き上がったパンは、とてもおいしそうに見えますよね。今回のコラムのテーマは、ツヤのあるパンに仕上げる必須アイテム「ドリュール(塗り卵)」。全卵・卵黄・卵白で違いは...

ふわふわイーストドーナツレシピ

イーストドーナツをおうちで作ろう!おうちおやつの定番!ドーナツ。おうちで揚げて作るからこそ、安心でおいしいドーナツになると思うのです。ぜひ、ご紹介するドーナツを口いっぱいに頬張って、楽しんでみてください♪冷めてもおいしい...

冬におすすめ♪スキレットで作る熱々レシピ4選

寒い冬にはスキレットを使ったレシピがぴったり♪体が芯から冷えると、熱々のメニューが食べたくなりますよね。そんなときにおすすめなのが、スキレットで作る絶品レシピ!今回は、出来たて熱々♪スキレットで作るお料理やパンのレシピを...

おすすめ PICK UP!

簡単♪プチフランスのレシピ